Loading...
子連れ旅のコツ子連れ旅レポート<国内編>

夏休み旅行 は家族で自然体験!ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん宿泊レポート

公開日 2021年6月29日 最終更新日 2021年6月29日

夏休みの家族旅行、
今年は自然たっぷりの
ホテルステイを考えている人は
多いのでは?

大人も子供もリフレッシュして
自然を満喫できる、
穴場のホテルを長野で発見!

今回は、ANA ホリデイ・インリゾート
信濃大町くろよん

8歳、4歳の連れて宿泊した様子を
たっぷりレポートします!

自然豊かな環境で過ごせる
おすすめホテルはこちらの記事でもチェック

ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよんへのアクセスは?

ANA ホリデイ・インリゾート
信濃大町くろよん
は、
ホリデイ・インリゾート
ブランドのひとつで、
自然に囲まれた
マウンテンリゾートホテル。

ホテルの建物を出るとすぐに
大きな森があり、
春から秋は
ハイキングやトレッキングを
楽しめる立地です。

冬は雪がたくさん積もるので、
隣接しているゴルフコースで
雪遊びもできるそう!

関東、中部、関西どのエリアからでも
アクセスできる場所にあり、
首都圏からは車で約5時間ほど。

電車の場合も、最寄りの
JR大糸線・信濃大町駅から
無料のシャトルバスが運行しています。

大きな森が徒歩圏内!いつでも好きな時間で散策できるのが魅力

ANA ホリデイ・インリゾート
信濃大町くろよんは
この夏から新しいプロジェクト
「おとなこどもプロジェクト」がスタート。

子供が自然の遊びを通じて
非認知能力を育むことができる

アクティビティです。

非認知能力とは
学校の勉強のように数値で評価できる
能力ではなく、
目に見えず評価しにくいけれど
大切な能力のこと。

忍耐力、創造力、粘り強さ、
意欲、計画性、
コミュニケーション能力などを
指します。

新しいことに挑戦し、
困難や失敗を経て
養われていく
大切な能力です。

未知の世界が広がる
自然の中で過ごすことで
非認知能力を伸ばしてほしい
という思いが
このプロジェクトには
込められているそうです。

もちろん大人(親)だって同じ!
童心に返って自然の中で遊ぶことで
心身ともにリフレッシュできますね。

プロジェクトには
時間固定のアクティビティやプランが
あるわけではなく、
それぞれ自由に森を散策する
セルフガイディングシステム

採用されています。

今回は8歳と4歳の子供と
一緒に森の散策に挑戦!

散策のお供は、
施設内に自生する
動植物やおすすめスポットを
まとめた
ウォーキングマップです。

マップはフロントのすぐそばにある
リゾートセンターで
配布されています。

マップを手に、
子供のペースでじっくり
森の中を探検するのが楽しい!

きれいな花に触れたり、
土を踏みしめたり、
木の幹を感触を確かめたり、
きのこをクンクン嗅いでみたり……。

五感を使って自由に
散策を楽しめるようになっています。

ザクザク、という音
鳥の鳴き声。
こちらの動画で雰囲気を
少しだけでも感じてみてください!
(動画は音が出ます)

マップにはネイチャービンゴ
セットになっていて、
「あかいろのもの」
「ざらざらしているもの」
などを探す楽しみも。

4歳の未就学児でも
「つるつるしているもの、
どこかにあるかな〜?」
と親がサポートしながら
ビンゴを楽しむことができました!

8歳の小学生は、
どんなものを見つけたか
自分で書き込みながらビンゴ。

ただ歩くだけだと
見過ごしてしまいそうな
枯れ葉や小さな虫にも
目が行くので、
ホテルの周辺を少し散策するだけで
たくさんの発見がありそうです。

花を摘み、サルノコシカケというキノコをなでなで!

ビンゴの列ができたら、
フロントで見せると
ちょっとしたプレゼントも。

セルフガイディングシステムは
集合時間が決まっている
アクティビティと違い、
自分たちのペースで
好きな時間に散策を楽しめるのが魅力

子供が一緒だと、
アクティビティの予約時間に
ちょうど昼寝してしまったり、
気分が乗らなくて嫌がったりと
いうことがありがちですよね。

反対に、アクティビティが終了しても
子供が「もっとやりたい!」と言って
消化不良のまま終わってしまうことも。

セルフガイディングシステムは、
時間もルートもゴールも人それぞれ。
中断したり、長く楽しむこともできるので
とても自由度が高いです。

子供は、興味を持ったことや
好きなことならどんどんのめり込んで
すぐに知識を吸収していきます。

子供の「好き」な気持ちや
チャレンジしたい意欲を
うまくサポートできる
とてもいいプロジェクトだと感じました。

森には枝や背の高い草も多いので、
長ズボンと歩きやすい靴は必須

草花・虫の図鑑や子供用の軍手、
虫かごがあると
さらに楽しめそうです。


折りたたみ式の虫かごは
使わないときコンパクトになるので
旅行時におすすめ。
写真のものは
ダイソーの昆虫採集網
(200円商品)です。

ホリデイ・インリゾートは12歳以下は添い寝&食事が無料になる!

おとな子どもプロジェクトで
自然探検を楽しんだら、
いよいよ客室にチェックインです。

ホリデイ・インには
キッズステイ&イートフリーという
子供連れにとてもうれしい
サービスがあります。

12歳以下の子供は
家族(大人)と同室での滞在に限り
大人1人につき子供2人まで
添い寝と専用フードメニューの
飲食が無料!

実質、大人の宿泊費だけで
泊まれるということなんです。

今回利用した客室は、
キッズスイート。
(定員:大人2、子供2)

キングサイズのベッドルームの奥には
2段ベッドがあるキッズルーム!

子供たちは大興奮!
隠れ家や秘密基地のようです。

普段は「ママ〜」と
くっついて離れない4歳児も
ずっとここで遊んでいました。


キッズルームには
クローゼットやテレビもあり、
完全に独立した部屋になっています。
添い寝で宿泊費無料なのに
こんな豪華な子供部屋が使えるなんて…!

ファミリーに優しいホテルなので、
アメニティもしっかり完備。

子供用歯ブラシ、スリッパ、
バススポンジ、作務衣、
遊べるワークブック&色鉛筆と
たくさん用意してくれていました。

作務衣はフリーサイズのようで、
4歳児(右、普段110cm着用)も
8歳児(左、普段130cm着用)も
同じものを着ることができました。

小さい子には
裾や袖を折ってあげれば
大丈夫かと思います。

子供用のパジャマや室内着は
荷物に入れるとかなりかさばるため、
ホテルで用意してくれていると
助かるものナンバーワン!

数々のホテルをレポートしてきましたが、
子供パジャマがあるホテルは
細かいところまで子連れへの
気配りをしてくれている、
真のファミリーフレンドリーホテルです。

ホテル選びのチェックポイントとして
気にしておくといいですよ!

夕食はビュッフェスタイル。キッズ専用コーナーもあり!

お待ちかねの夕食は
館内のレストラン、ボタニカで。

メイン料理にサラダ、
前菜、デザートなどを
ビュッフェコーナーから
好きに選ぶスタイルです。

こちらが子供専用の
ビュッフェコーナー。

キッズステイ&イートフリーを
利用する際はここの食事に限り
無料となります。

子供が自分で取りやすいよう
台は低めになっていて、
ウィズコロナのビュッフェに必須の
ポリ手袋も用意されています。

早く食べ終わって、
暇を持て余している子供には
塗り絵のサービスも。

キッズチェア、座面を上げるクッション
などももちろん完備しています。
お食事エプロンはスタッフに
声をかければ席に持ってきてくれるそうですよ。

自然探検で疲れた子供たちは
客室に戻るとすぐに就寝。

自然をたっぷり満喫でき、
心地よく1日を終えることができました!

おとなこどもプロジェクトだけでも
とても楽しいですが、
ANA ホリデイ・インリゾート
信濃大町くろよんには
まだまだ楽しいアクティビティや
サービスがいっぱい。

宿泊レポート第2弾として、
7月中頃にご紹介予定です。
お楽しみに!

取材協力/ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん

子連れ旅はこちらの記事もチェック!