Loading...
子供と暮らし子供の食育

<レポート>「星のや東京」料理長の小学校授業を取材しました

星のや東京 星のや 星野リゾート 東京 ホテル 料理長 浜田 授業 小学校
今回のテーマは、
旅×食育の
コラボレーション!

東京のある小学校で先日開催された
キャリア教育の授業を取材してきたので、
その様子を詳しくレポートします。



子供たちが仕事について考える総合学習!

今回訪れてきたのは、
東京都大田区にある池上第二小学校。

この小学校では年に1度
「ドリームプロジェクト」という
キャリア教育の授業が行われています。

児童たちが将来の生き方や仕事について
考えるきっかけを作ろうということで、
さまざまな職業の、第一線で働く人たちが
児童たちと話をするというもの。

どの職業の、どんな人に
講師として参加してもらうかは
授業で話し合って決定。
講師への依頼の手紙も
自分たちで書いたというから
驚きです。

昨年11月頃からおよそ3ヶ月かけて
準備したそうで、当日の看板や
講師のネームホルダーまで
手作りしているのが印象的でした。

講師には税理士さんや医療関係、
家電量販店、デザイン系など
さまざまなジャンルの方が選ばれていて、
星のや東京は料理人の講師として
料理長の浜田統之さんが参加。

星のや 星のや東京 星野リゾート ホテル 東京 料理 コース 浜田 料理長 食事 発酵 キュイジーヌ
星のや東京は、
人気リゾート企業、
星野リゾートが手がける
都市型の日本旅館。

東京のど真ん中・大手町にありながら
和と非日常を味わえる、
スタイリッシュで
ラグジュアリーなホテルです。

星のや 星のや東京 星野リゾート ホテル 東京
子連れで星野リゾート、といえば
リゾナーレブランドが定番人気ですが、
実は星のや東京も子連れOK!
(星のや京都のみ13歳未満の宿泊不可)


料理人を志したきっかけや魅力を話してくれる

このドリームプロジェクトでは
1回15分の対話タイムが3回設定されていて、
児童たちはグループごとに
興味のある講師のブースへ行き
対話できるようになっています。

星のや東京 星のや 星野リゾート 東京 ホテル 料理長 浜田 授業 小学校
浜田料理長は、
料理人になったきっかけや
料理の魅力、
仕事上で気をつけている
ことなどを熱弁!

実家が料理関係の仕事をしていたそうで
幼少から手伝いをして
料理を身近に感じていたとのこと。

大きな転機となったのは
小学校の調理実習。
フルーツの盛り合わせを
作る授業があり、
先生より手順や盛り付けの説明を
受けてもその通りにやらず
全く別のものを作って提出したそう。

りんごを横半分に切り、
中身をくり抜いて
空いた部分に他のフルーツを
詰めたという斬新な作品です。

通常なら「勝手なことをするな!」
と言われそうな場面ですが、
その時の先生はとても喜んで
校長先生にも見せに行くほど
絶賛してくれたとのこと。

「あの時怒られていたら
僕は料理人になっていなかったかもしれない」
と話されていました。

浜田さんの発想力もさることながら、
先生の包容力、柔軟な対応にも
胸が熱くなったエピソード。


星のや東京 星のや 星野リゾート 東京 ホテル 料理長 浜田 授業 小学校
ちなみにブースには
浜田さんの自己紹介や
簡単なQ&Aも掲示されていました。


「料理には正解がなく、
自由な発想で自由に好きなもの
新しいものを作り出せる。
そして食べることは
生きるために必ず必要だから
仕事がなくなることはない」

「食べる人を喜ばせることができて
楽しませることができる。
料理は本当に楽しい!」

浜田さんのお話は
好きなことに打ち込める幸せや
働く楽しさがビシビシと伝わってくるものでした。



星のや東京 星のや 星野リゾート 東京 ホテル 料理長 浜田 授業 小学校
そして何度も強調されていたのが、
「食べることは命をいただくこと」。

山で鹿を狩り、その場で解体。
すっぽんの首を押さえて切り落とす。

他の生き物の命をいただかなければ
人間は生きていけない。
だから余すことなく無駄にせずすべて使うし、
おいしく調理してあげたいと
思っていると話されていたのも印象的でした。

普段から命と向きあっているからこその
重みのある言葉で、
児童たちにも響いていたと思います。


星のや東京 星のや 星野リゾート 東京 ホテル 料理長 浜田 授業 小学校
野菜についてもそれは同じ。

授業中は、長野県で
無農薬野菜を生産する
軽井沢サラダファームの
生産者さんとオンラインでつながり
児童からの質問に答える場面も。

児童たちは
料理に興味を持ったきっかけとして
「いつもごはんを作ってくれている
お母さんにお礼がしたい」
「自分で作って喜んでもらいたい」
などと話していましたが、
浜田さんとの対話できっと
さらにその思いを強くしただろうなと
感じました!


このドリームプロジェクトは
ある一小学校の取り組みにすぎませんが、
こうした思いや経験の共有は
いろいろな場所で広がっていってほしいと
感じる、とても印象に残る取材となりました。

この思いをシェアするべく、
イベントレポートという形で
詳しくご報告。

星のや東京にもいずれ
取材に行きたいと思っているので
宿泊レポートも近いうちに
お届けしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です