Loading...
子供と暮らし子連れ旅のコツ

車のお出かけ、子供連れで気を付けることは?<ベビー編>

チャイルドシート ドライブ 赤ちゃん ベビー

緊急事態宣言が発令され、
外出自粛が続く中
今は旅行どころか
普段のお出かけすらできる
状況ではありませんね。

ただ、一部の地域で
制限が緩和されると発表もあり、
今後は少しずつ、
外出もできるように
なっていきそうです。

日常の外出や
帰省、旅行の自粛が
要請されないようになった時、
まず考えるのは
車でのお出かけでは?

そこで、子供連れ、
特に赤ちゃん連れの
車移動
について
注意点や便利な持ち物を
まとめてみました。


赤ちゃんは出発前に授乳かミルクを済ませる

赤ちゃん ミルク 授乳

赤ちゃんの場合は、
出発する前に
おなかを満たしてあげると
ご機嫌よくいてくれることが
比較的多いです。

ただ、出発ギリギリに
飲ませると
チャイルドシートに乗せてから
吐き戻したり
すぐおしっこして
おむつがパンパンに
なることも。

少し時間に余裕を持たせ、
授乳やミルクを飲ませて
おむつを1回
替えて車に乗り込むくらいが
ちょうどいいと思います。

夏は背中に汗取りガーゼや保冷剤を仕込む


夏になると、
車に冷房をかけても
車内はとても暑くなります。

特に赤ちゃんは動けず、
背中がチャイルドシートと
密着
しているため
熱がこもりやすいです。

すぐに汗をかいてしまうので、
背中にガーゼや
汗取り用のタオル

はさんでおいて。
汗取りタオル ガーゼ 赤ちゃん ベビー 便利グッズ


これなら汗をかいたら
ガーゼかタオルを
取り替えるだけでいいので
着替えの手間を減らせます。

また、凍っても
固くならない保冷剤

服とチャイルドシートの
間に置くのも手。

保冷剤 ベビー 赤ちゃん

ひとつ持っておけば
ベビーカーや
抱っこひもにも
使い回せて便利。

ぬいぐるみタイプの
保冷剤ケースなども
あるといいと思います。

こまめに休憩して気分転換する


赤ちゃんは
不快な気持ちを
泣くことでしか
表現できません。

おなかがすいているのか、
おむつが気持ち悪いのか、
背中が熱いのか、
何かが体に当たって痛いのか、
ママが恋しいのか、
泣いている理由が
分かりにくいことも多いです。

特に長時間ドライブする場合は
こまめに休憩をとり、
おむつ替えや授乳をしたり
チャイルドシートから
出して抱っこしてあげたりと
気分転換をしてあげてください。

寝ている場合は別ですが、
1時間から1時間半に1回は
休憩を挟みたいところです。


おくるみやガーゼケットを車に常備


1日のほとんどを
寝て過ごす赤ちゃんは、
車の中で寝てしまうことも多いもの。

夏でも冷房が効いている
ことを考えると、
冷え防止のために
おくるみやガーゼケットを
かけてあげたいところです。

車移動が多い人は
車専用のおくるみを
常備
しておきましょう。

車の中では、
走行中でも座ったまま
赤ちゃんにかけられるよう、
大人が手に届く場所に
置くのがおすすめ。

車内でもおむつ替えできる準備をしておく


長時間のドライブなら、
サービスセリアなどの
おむつ替えコーナーを
利用できますね。

ただ、タイミングよく
利用できるとは限らないし
混み合っている可能性も
あります。
おむつ おしりふき


新型コロナウイルスの影響で、
公共のトイレや
ベビールームを
利用して大丈夫なのかと
不安に思うことも
あるかもしれません。

こうしたケースでは、
自分の車の中で
おむつ替えを
する方が手間もなく
安心度が高いはず。

私自身は、
おむつ替えシートは
ペットシーツで
代用
していました。
汚れたら
おむつと一緒に
そのまま捨てられるので
便利です!

おむつが臭わない袋 おむつゴミ袋 BOS エジソン

臭いが漏れにくい
ゴミ袋も多めに準備しておくと
いいと思います。
EDISONの
香るおむつバック

クリロン化成の
BOS おむつが臭わない袋

おすすめです。


おむつ、おしりふきの予備、
着替え1セットやガーゼは
車に常備しておいても。

ドライブ 車 赤ちゃん 持ち物 便利グッズ
いかがでしたか?
車での移動を少しでも快適に、
お世話もラクにする
コツをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です