Loading...
子連れ旅のコツ

赤ちゃん連れの海遊び、注意すべきポイントは?

子連れ 赤ちゃん 海遊び ビーチ 家族旅行 沖縄 
子供は水遊びが大好き!
旅行先でもプールやビーチで
遊ぶ時間が長くなるかと思います。

今回は、特に赤ちゃんが海遊びする時に
注意したいことをまとめました。

海に入る時間は午前10〜12時ごろがおすすめ

赤ちゃんや乳児は
長時間海に入って遊ぶのが
まだまだ難しい年齢。

砂遊びは別ですが、
親子で海に入ったり、
波打ち際で水に浸かるのは
せいぜい1時間が限度ではないかと思います。
最もおすすめなのは
午前遅めから正午までの時間です。

朝早すぎると水温がまだ低くて
体が冷える可能性が高く、
午後になると日差しが強すぎて
熱中症などの危険も出てきます。

ビーチは日差しを遮るものがあまりないので
帽子や日傘、パラソルがあったとしても
特に赤ちゃんにはつらい環境。

日差しが強くなりすぎる前に
さっと遊ばせるのがよさそうです。

風が強い、曇っている時は短時間集中で!

日差しが強いと暑すぎるのですが、
風が強い時や陰っている時は
海に入るとかなり冷えます。

大人でも寒いくらいなので
赤ちゃんならなおさら!
グアム 赤ちゃん 海 海遊び ビーチ ベビー 子供連れ 子連れ
そういう時は無理に浸からせず
ビーチの雰囲気を楽しむだけにするか、
砂遊び中心にして
帰る間際に少しだけ浸かって
サッと帰るという風に私はしています。

お着替えセットやおむつはビーチまで持参

赤ちゃん連れならわざわざ遠出はせず
ホテル目の前のビーチに
行くことが多いと思いますが、
その場合でもお着替えやおむつは
念のため持っておいたほうがベター。

急にぐずり出して強制終了になったり
変なタイミングでうんちしてしまうことも
本当によくあります。

朝食後にしっかり排便していても、
水に浸かってお腹が冷えるからか
またすぐにしてしまうことも多いです。

そういう場合はやはり
すぐにおむつを替えてあげたいもの。
セットが手元にあると
客室に戻るより近いトイレで
さっと処理できます。
海遊び 赤ちゃん 海 ビーチ 砂遊び 海外 子連れ旅行
ちなみにベビー用水着は
水遊びおむつ機能付きタイプも
たくさん出ていますが、
旅行の際は
水着と使い捨て水遊びおむつ
どちらも持参するのが正解。

うんちしてしまった場合
水着タイプはしっかり洗って
また使える状態になるまで
少し時間がかかるからです。

浮き輪よりベストが断然使いやすい!

海に親子で一緒に入る時、
たいていは足付き浮き輪を
用意するかと思います。

でも私のおすすめは断然
ライフベスト!
赤ちゃん 海遊び 水遊び ライフベスト 持ち物
ライフベストは安定感が段違いです。
これはプール遊びでも同じですが
特に海は波があって揺れるので
安定感が何より大事。

基本はごくごく浅いエリアのみで
親がずっと体を支えているのが
大前提ですが
万が一何かの拍子に親が大きな石に
つまづいてしまったりしても
子供は確実に浮いていて
浮き輪のようにひっくり返ったりはしません。
サイズ調節もできるので
比較的長い期間使い回せます。

ひとつ言うなら、かさばるのが難点!
ただでさえ荷物の多い
子連れ旅なので、
考えてしまうところですが
我が家は持参派です。

ただしホテルにプライベートビーチ
があり、ライフベスト貸し出しの
サービスもあるなら
もちろん持参不要。

最近では多くのホテルに
子供用ライフベストが
用意されています。
ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾート
&スパ コオリナ ハワイや
豪華客船ボイジャー・オブ・
ザ・シーズもベスト完備でした。

マリンシューズやタオルポンチョもあると便利

自分で砂浜を歩ける、
砂遊びをする子がいるなら
マリンシューズは
用意してあげるといいと思います。

砂浜を裸足で歩くのは熱いし、
マリンシューズをはいていれば
波打ち際で貝の破片を踏んで
怪我する心配もなくなります。

私はいつも、アイプレイの
ウォーターシューズを用意。
毎年サイズが変わってしまうので
春のうちからチェックして
使いたい時に慌てなくていいよう
早めに購入しています。
ベビーサイズを作っている
ブランドはあまり多くないので
アイプレイのシューズも
夏前に完売するサイズもあるようです。
予定があるなら早めにチェックしておくのが
本当におすすめです。
海遊び 子供 ポンチョ タオル 持ち物 水遊び ビーチ 赤ちゃん
タオルポンチョもおすすめのアイテム。
「もうおしまい〜」と
バスタオルで拭いても
気まぐれで
また遊びたくなってしまう
赤ちゃんや乳児は
タオルポンチョを着せればOK。

少し肌寒い時の
上着がわりにもなるので
とても便利です。

ちなみに砂遊びグッズは
旅先で調達するか、
100円ショップで小さいものを
買っておき持参するといいと思います。

現地調達できるかどうかは
旅先にもよりますが
ハワイやグアムではほぼ可能です。

以上を参考に、
今年もベビーとの海遊びを
楽しんでくださいね!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です